《ゆらぎ》

曲 : 上北健

词 : 上北健


君の声が泣いているような気がした。

你的声音仿佛在哭泣,


だけどなんでそんなに笑っているのかな。

可是你为什么笑着呢,


今日も誰かに幸せが配られたろうか。

今天也有谁被分发到了幸福吗,


君はそう言って、笑って泣いているんだ。

你这么说着 笑着泪流满面,


人はまた欲しいものを奪い合って目が眩んだ。人们依旧被欲望驱使 相互争夺,


本当を見失った。

迷失了双眼 错过了眼前的现实,


それを誰が価値あると決めたものか、,

被别人决定价值所在,


意味を持たせた偽物だ。

亦或是被附上意义的虚伪之物,


こんな世界じゃ敵も味方も居ないさ、,だから君は泣いているんだろう。

这样的世界上 没有敌人 也没有同伴,所以你才会哭泣的吧。


一人泣いているんだろう。

才会一个人默默哭泣的吧。


いつだって助けての言葉など無駄、と呟いた言葉。

你总是轻声说 向别人求助是没用的,


気付いてよ、僕の気持ちを。

快点察觉我的心意吧,


君が嫌いな日々のこと、報われたいと願っていること、,

你所讨厌的时光 你渴望得到回报的祈愿,


知っているよ,分かっているよ。

我都知道,我都明白。


それを肯定したい。

我也会认同。


忘れないで。

请不要忘记,


君に幸せを買っている誰かが傍に居るってこと、,

能给你带来幸福的人 就在你的身边,


君の声が泣いているような気がした。

你的声音仿佛在哭泣,


あれからまた涙は見せないまま。

从那以后 你就不曾在人前落泪,


今日も何処かに幸せが捨てられたんだろうな。

今天在某处 也有人舍弃了幸福吧,


瞳が宿す光はない。

你的眼中黯淡无光,


知らない間に決められた幸福度を、,

不知不觉间幸福指数被别人决定下来,


人は夢中で追いかけ回して周りを見ようともしない。

人们忘我的追逐着 对周围浑然不顾,


それなら、人の為生きる虚しさを君が嘆いても、,

那么 即使你为了他们 轻叹着人生的空虚,


それを愚かだ、なんて言えないよ。

也没法责备你的愚蠢啊,


僕の声は泣いているままなのかな。

我的声音听起来还是哭泣着的吧,


届かないと、ずっと前知っていたよ。

从很早以前就知道了 我无从传达,


いつか君が僕の時間、辿り着いたら、,

为了有一天 你会到达我所在的时间,


こんな歌を残しておくよ。

我把这首歌留给你,


君が嫌った日々のこと、報われたいと願っていたこと、,

你所讨厌的时光 你渴望得到回报的祈愿,


知っているよ。分かっているよ。

我都知道 ,我都明白,


それを肯定したよ。

我也会认同。


君に幸せを買っている誰かが傍に居るってこと伝えたくて。

我想告诉你 能给你带来幸福的人 就在你的身边,


君が抗った日々が、今も僕を生かしていること、,

你反抗过的人生 我正生活在其中,


知って欲しい。分かって欲しい。

我希望你能知道 希望你能明白,


それは揺るがない証だ。

那是无可动摇的证据,


君の幸せを願っている僕が、此処に居たってこと、,忘れないで。

请不要忘记,乞求你能够获得幸福的我 曾在这里存在过。


评论
© 夕镜 / Powered by LOFTER